おくやみの言葉を送るつもりなら、NTTのサービスを利用して申込するといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | お悔やみ電報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はお悔やみ電報を打った

今日はお悔やみ電報を打った。

友人が先日、亡くなった。

交通事故に巻き込まれて、10日前に死去したようです。

そこで、その遺族にお悔やみ電報を送りました。

ところでそのお悔やみ電報ですが、これを作るのは苦労しました。

お悔やみ電報・弔電を作ったことがある人なら分かるでしょう。

これには、マナーが色々あって作るのが大変です。

例えば、忌み言葉。

これはお悔やみ電報で使ってはいけない言葉使いのことなんですが、そういったマナーが色々とあってこれを作るのに苦労しました。

今度、お悔やみ電報を打つ時にはもっとスムーズに作りたいと思います。

ところでお悔やみ電報ですが、郵便局のレタックスが送料が安いみたい。

ご存知でしたか。

友人に聞いて知ったのですが、郵便局のレタックスなら2000~3000円で送ることが出来るようです。


おくやみの言葉を送るつもりなら、NTTのサービスを利用して申込するといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | お悔やみ電報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。