弔電を郵送するときには、ネットを使うと送料がお得ですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉を英文で打つなら、マナー・常識を考えて作成しましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電をキリスト教の方に送る場合には、書き方が普通と違っているので注意しよう

お悔やみ電報・弔電をキリスト教の方に送るときもあると思います。

そういった時には、その書き方に注意しましょうね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思う。

このブログを読んでいる人の中には、お悔やみの電報をキリスト教の方に送るつもりの人達もいるかもしれませんね。

そういった時には、注意が必要です。

それは何だと思いますか?

気をつけることとは、お悔やみの電報の書き方です。

弔電のかき方というのは、宗教の違いから変わってくる部分があります。

例えば、忌み言葉といった事が違ってくるみたいです。

これは、お悔やみの電報に使ったらいけない単語の事ですが、仏教とキリスト教に弔電を送る場合では、違いがあるようです。

前者の時には、重ね言葉、「かえすがえす ますます しばしば 再三」がタブーとなっていますが、後者では使用してもいいようです。

このようにキリスト教の方にお悔やみの電報を送るときには、その書き方に違いがあります。

こういった事を行なう時には、十分に注意しておくといいでしょうね。

ところで、お悔やみの電報というのは、手紙・レターと同じ感覚で作ってはいけません。

これには、沢山のマナーがあります。

そのため、それを守ってお悔やみの電報を書いていく必要があります。

その決まりですが、多くの方が悩んでいるのは次のような事です。

1 ビジネス マナーを守って御礼・お礼状を打つ際の携帯メールでの打ち方
2 おくやみの電報のお返しのタイミングは あて先・宛先の送り方
3 刺繍入りの香典は交際費になるのか

といった事があります。

お悔やみの電報を作るときには、上のようなことに気をつけて作るといいでしょうね。


弔電を郵送するときには、ネットを使うと送料がお得ですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉を英文で打つなら、マナー・常識を考えて作成しましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。