おくやみの言葉のメッセージを作る時には、NTTのサイトにある例文を見るといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 弔電をキリスト教の方に送る場合には、書き方が普通と違っているので注意しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電を郵送するときには、ネットを使うと送料がお得ですよ

お悔やみ電報・弔電を近いうちに郵送するつもりの方もいるでしょう。

それでしたら、ネットを使うといいかもしれませんね。

これを使ったら、送料がお徳ですので良いと思いますよ。

ここでは、そのことを少し紹介していきたいと思う。

お悔やみの電報は色々な時に使われていると思います。

あなたはどんなときに利用される事を思い付きますか?

例えば、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった時に使われるお悔やみの電報のことを思うかもしれませんね。

そんな弔電ですが、これの送り方をご存知でしょうか。

お悔やみの電報の郵送方法というのは、意外とあるようです。

例えば、ネットを使ったやり方 NTTの電話番号115。

その他、KDDIのサービス 携帯のメールといった物をあるようです。

このようにいくつかあるお悔やみの電報の送り方だが、最近人気のあるのはネットを使った方法みたいです。

それはなぜだと思いますか?

その理由は、お悔やみの電報の送料がお徳だからです。

良く使われるNTTのサービスと比べて数千円ほど安くなっており、評判がいいようです。

あなたもお悔やみの電報を送るときには、送料がお得なネットを使って郵送するといいかもしれませんね。

ところで、弔電には色々なマナーがあるのをご存知ですか?

例えば、下のような決まりがありますよね。

1 密葬 神式 カトリック・キリスト教の際は ご鄭重の読み方
2 おくやみの電報を携帯のメールで打つやり方 お返しのタイミング
3 あて先・宛先の送り方 ビジネス マナーを守って御礼・お礼状を打つ際の注意点

といったお悔やみの電報の決まりがあると思います。

こういった事は、私も苦労した内容となっています。

あなたもお悔やみの電報を作成するときには注意するといいでしょうね。


おくやみの言葉のメッセージを作る時には、NTTのサイトにある例文を見るといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 弔電をキリスト教の方に送る場合には、書き方が普通と違っているので注意しよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。