弔電の電文の書き方が分からないなら、NTTのサイトにある文例を見るといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉のメッセージを作る時には、NTTのサイトにある例文を見るといいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電を郵送するときには、その送り先を間違えないようにしよう

お悔やみ電報・弔電を郵送するときには、その送り先を間違えないようにしましょうね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思う。

お悔やみの電報といえば、色々な時に使われるものです。

例えば、通夜 法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった時に使われますよね。

このように色々と使われているお悔やみの電報ですが、これにはいろいろなマナーがあることで知られています。

弔電を一度でも作成した事がある人でしたら分かると思います。

お悔やみの電報のマナーというものはたくさんあり、それを守るのは大変なことです。

そういった弔電の決りですが、その中でも特に気をつけておいたほうがいいのは送り先の部分です。

ここは、難しいというわけではありませんが、多くの方が間違える内容となっています。

お悔やみの電報の送り先というのは、葬儀のやり方によって変わってきますよね。

例えば、自宅でする家族葬なら喪主の家に郵送しますし、式場でするならそこに送ることになります。

このようにお悔やみの電報の送り先・おくり先は変わることがあるため、間違える方がいるようです。

これを郵送するときには、注意するといいでしょうね。

ところで、お悔やみの電報というものには、色々なマナーがあることで知られていると思います。

例えば、次のような事があるようだ。

1 弔問を欠席する場合の仕方 弔意の送り方 敬称の読み方
2 お悔やみの電報のお礼の挨拶の書き方 弔事・弔辞の定型文を書く際のやり方
3 弔花は誰に渡せばいいのか

といったお悔やみの電報の決まりがあると思います。

こういったことは私も困ったことがある内容で、辞書 辞典で調べながらやっと作ったものです。

あなたもおくやみの電報を作るなら、上のことに気をつけておくといいでしょうね。


弔電の電文の書き方が分からないなら、NTTのサイトにある文例を見るといいですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉のメッセージを作る時には、NTTのサイトにある例文を見るといいですよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。