弔電の電文を打つ時には、その打ち方のマナーを守って作りましょう| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 今日はお悔やみ電報を打った

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくやみの言葉を送るつもりなら、NTTのサービスを利用して申込するといいですよ

お悔やみ電報・おくやみの言葉を送るつもりなら、NTTのサービスを利用して申込するといいでしょうね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみの電報とは、冠婚葬祭 友人の別れ会といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときや出席を辞退する時などに喪主に送る、哀悼の意を表わす電文のことですが、これには沢山のマナーがあります。

例えば、おくやみの言葉を英文で書く際のやり方 御中 気付の使い方や。

その他、弔電のお礼のお返しタイミング 贈答の答え方 命日は書いていいのか 礼状カードの作り方 友人の母が送り先の場合はといった決りごとがあります。

このように、お悔やみの電報というのはマナーがたくさんあり、難しいです。

これから先、おくやみの言葉を遺族に送る機会があるかもしれません。

その時には、上のような決まりを良く考えておくと良いでしょうね。

ところで、このお悔やみの電報だが、その送り方をご存知でしょうか。

おくやみの言葉の郵送方法には、いくつかの仕方があります。

郵便局のレタックス KDDI 携帯のメールと何種類かのやり方があるようです。

このようにいくつかあるお悔やみの電報の送り方だが、一番人気なのはNTTの電話サービスです。

これは、局番無しの番号115から申し込みできるやり方です。

カンタンな手続きをするだけで、受付が可能なため人気が高いようです。

ネットを使った方法と比べるとちょっと割高となっていますが、スムーズに申込をしたいなら、この方法を使ってお悔やみの電報を送るといいでしょうね。

なお、こういったやり方に関する事だが、詳細はNTTのホームページ・HPに載っています。

良かったら、こちらの方で調べてみるといいでしょうね。


弔電の電文を打つ時には、その打ち方のマナーを守って作りましょう| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 今日はお悔やみ電報を打った
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。