おくやみの言葉を英文・英語で作るときには、書き方に気をつけましょうね| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 義父 義母といった敬称に気をつけて、おくやみの言葉の文章を作ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電に供花をつけて郵送するときには、その花の種類に気をつけよう

お悔やみ電報・弔電に供花をつけて郵送しよう。

そんなことを思ったことはありませんか?

それでしたら、その花・はなの種類に注意しましょうね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみの電報に供花をつけることもあるのではないでしょうか。

こういった事をすると相手に喜ばれますよね。

「あ、お花がついている。嬉しい!」そんな事を思うと思います。

こういった風に喜ばれたいのでしたら、お悔やみの電報に供花をつけるといいでしょうね。

ただし、こういったお花ですが、注意が必要です。

お悔やみの電報に供花をつけて送ったことがある人なら分かると思います。

そのお花の種類というのは、宗教に合わせて正しい物を送らないと失礼になります。

例えば、キリスト教の方なら薔薇・バラ カーネーション。

仏教 神教なら、ゆり・百合 菊・キクが喜ばれるようです。

覚えておくといいでしょう。

ところで、お悔やみの電報を送るときには注意が必要です。

それは、マナーに関する事。

例えば、次のようなお悔やみの電報の決まりがありますよね。

1 密葬 神式 カトリック・キリスト教の際は 依頼人の宛名の書き方
2 お悔やみの電報のあて先・宛先の送り方 お返しのタイミングは
3 ビジネス マナーを守って御礼・お礼状を打つ際の携帯メールでの打ち方

といったお悔やみの電報の決まりがあると思います。

こういった事は大事ですので、これを作成するときには注意しましょうね。

なお、もし間違ったならすぐに謝罪の文章を送るといいですよ。

そうすれば、相手の方も判ってくれると思います。


おくやみの言葉を英文・英語で作るときには、書き方に気をつけましょうね| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | 義父 義母といった敬称に気をつけて、おくやみの言葉の文章を作ろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。