郵便局のレタックスを使って弔電を送ると送料がお徳ですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉を送るときには、色々なマナー・常識があるので注意しましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密葬の方におくやみの言葉を送るときには、マナーが異なりますので注意しよう

お悔やみ電報・おくやみの言葉を密葬の方に送るつもりの方もいるでしょう。

それでしたら、マナーが普通とは異なっていますので、注意してくださいね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思う。

お悔やみの電報を密葬の方に送ることもあると思います。

ところで、この葬儀はどんな物か分かりますか?

密葬とは、家族 親戚だけで行なう葬式のことです。

外部の方などを呼ばずに、身内だけで静かに行います。

この密葬ですが、お悔やみの電報を送るときには、普通とはマナーが違っています。

これは、上であげたように身内だけで行う物です。

そのため、お悔やみの電報も欲しくないと思われる方もいるようです。

あなたも密葬の方に弔電を送る機会があるかもしれません。

その時には、マナーに注意しておいた方がいいでしょうね。

ところで、お悔やみの電報というのには、色々な決まりがある。

例えば、次のようなマナーがあるようだ。

1 49日法要のあいさつの仕方 台湾などの海外の場合は
2 お悔やみの電報をFAXで送る際のマナー あて先の差出人の書きかた
3 あて先・宛先の送り方・いつ送るか 挨拶状をおくるタイミング

といったお悔やみの電報のマナーがあります。

こういった事は、弔電を送るときなどにとても大事なことです。

もし、間違えると大変失礼になってしまいます。

相手によっては「この人は常識がなっていない・・・」と思われるかもしれません。

このようなことがないように、おくやみの電報を打つ時には注意してくださいね。


郵便局のレタックスを使って弔電を送ると送料がお徳ですよ| お悔やみ電報のマナーと郵便局例文 | おくやみの言葉を送るときには、色々なマナー・常識があるので注意しましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。